ずっと歯並びを気にしていた夫※1が「最近特にガタガタがひどくなってきた!」と言い、非抜歯矯正のクリニックを見つけてきました。インプラントや審美治療も行なっているクリニックで私も日々悩んでいた歯の事もあり二人一緒に歯医者に通うことに。
…わたしさいしょは歯列矯正なんてするつもり、これっぽっちもなかったのに…!

kyousei-01
・残っていた親知らずによるトラブル
特に悪さをしているのが下顎右の親知らずで、季節の変わり目になると中途半端に伸び(げっ歯類!?)頬に擦れたり噛んだりして痛い。歯肉のポケットがよく磨けずに臭う。
今までの数軒歯医者にかかりましたが「頭が全部出たら抜きましょうねー」とノータッチでした。多分切開しないと抜けないせいだと思います。私は切ってもいいから抜きたかった…
でもメスで切開となると個人の小さな歯医者ではやってくれないので大学病院などへ紹介状をもらって予約して行かなければなりません。めんどくさいなー…

・欠損歯の補綴
右下6番が銀歯の間から虫歯がひどく悪化していて抜かざるを得なかったので欠損状態でした。ここは早いところインプラントかブリッジにしなければなりません(部分入れ歯は不便、中途半端に感じました)片顎でしか物を噛めないのもよろしくないです。

・下顎の歯列ラインがおかしい
私の下顎歯列は「いーっ」した状態で正面から見てもらうとなぜか左下がりになっていました。
顎関節症を疑ってカイロプラクティックにも行ってみましたが、片咬み癖による顎のズレは治してもらえても、左下がりのズレは歯並びを直さないと無理だと言われてしまいました。
後の歯の型取りで並びが歪んでいるせいでそう見えると分かりました。

※この段階でまだ私は、噛むのが不便なのは親知らず抜歯して欠損歯を治してしまえばなんとかなるだろうし生きていくには問題ない、芸能人のようなキレイな歯並びではないけれど特にそんなひどい歯並びでも無いだろうと思っていた。

3番目の理由に関して、実際に歯並びを見てもらって矯正が必要なレベルかどうか経験豊富な医師に見てもらわないとわからないんじゃないの?という夫の意見によりしぶしぶ歯列矯正相談の予約を入れたのでした。

・相談・見積りの結果
私の歯、全然だめだわ!
夫の「ふたりで歯並び治すの頑張ろうよ、矯正中は痛いしご飯とか辛いっていうけど一緒なら頑張れると思うんだ(小声:あと抜歯手術アレだから一緒に病院行ってほしいな…※2)」の声に促され歯列矯正を決心したのでした。

※1:夫は見るからに歯列矯正が必要な人。でも小臼歯を抜く方式の矯正は嫌い。やりたくない人。
※2:非抜歯矯正であっても親知らずの抜歯は必須。一緒に始めて予約を入れてしまえば行かざるをえないのでそういう状況に自分を追い込みたい。

相談内容、見積り、検査結果など詳細はまた次回!